主婦ときどき受験生

行政書士、FP、宅建士に合格。試験勉強や司法書士事務所の仕事、節約生活などを気まぐれでつづります。2017年7月、第一子を出産しました。妊娠出産、育児についても書いていきます。

息子は臍帯真結節でした

結論からいうと、自然分娩で何の障害もなく元気に産まれてきました。

 

臍帯真結節(さいたいしんけっせつ)とは、へその緒に結び目(かた結び)ができること。この言葉の意味を知ったのは息子を産んでしばらく経ってからです。

 

結び目があること自体は出産時に知りました。

分娩室で息子を取り上げた先生が開口一番、

「これけっこう危険なんだよ。でも遺伝はしないから安心してね。」

と結び目をみせてくれたからです。

 

先生曰く、うちの子は緩めに結ばれていたので問題ありませんでしたが、

赤ちゃんが動いたりすることでギュッと固く結ばれてしまっていたら、臍帯の血流が悪くなってしまい、胎盤から赤ちゃんへ酸素や栄養がうまく運ばれなくなるという危険があったそうです。

 

その時の私は、出産が無事終わった安堵感と幸福感の絶頂でアドレナリン全開だったため、「へー!そうなんだ!でも無事生まれたからよかった!」というくらいの気持ちしかありませんでした。

 

しばらくして、数か月後に出産した友人のFBで「臍帯真結節」という言葉と、

0.5~2%程度の確率であること、緊急帝王切開になったり、子宮内胎児死亡や死産の原因にもなるということを知りました。

 

そんな低い確率のものにまさか自分が当てはまるとは思ってもみませんでしたし、一歩間違うと命にかかわる症状だったのか・・・と怖くなりました。

 

本当に、無事出産できることは奇跡だなと実感しました。

 

そしてまた怖いのが、

「出産前にエコーで見つけられない」

「見つけたとしても対処のしようがない」

とのことで、出産後の臍帯チェック時に気付くことがほとんどだそう。

 

対処のしようがないなら知ってしまってもストレスになるだけなので、

知らなくてよかったです・・・。

 

ところで

先生が2回ほど繰り返してくれた

「遺伝しない」という言葉について。

 

結び目は赤ちゃんがまだお腹の中で小さい小さいときにクルクル動いてできると言われているらしいので、「結び目は遺伝しない」は納得です。

 

が、

実は私も生まれてくるとき、へその緒にちょっとしたエピソードがありまして、

臍帯が人より長く、首と体に三重に巻き付いていたそうです。

 

臍帯真結節はへその緒が長い子にできやすいそうなので、そう考えるとへその緒の長さは遺伝してしまったのかな・・・と深読みしてしまい、

まだできてもいない第2子の心配をしてしまうのでした。。。

 

 

 

webライターは割に合う仕事なのか

少し前に、某有名まとめサイトでwebライターの仕事にトライしてみました!

結論から言うと、数回投稿して辞めました。

 

割に合うかどうかと言われると、人それぞれ考え方によるのかなぁと思いますが

私にとっては割に合わない仕事」でした。

 

理由は大きく4つです。

 

 

理由1:報酬が低い

素人が書く文章ですし、添削というか記事の書き方アドバイスなどもしてくれるので、単価が低いのは仕方ないと思います。

私が登録したものでいうとだいたい0.5円/1文字という報酬なので、

1000文字書いて500円ですね。

これだけの情報だと、そんなに安くないのでは?と感じるかもしれませんが、

これを時給に換算するとけっこうな低収入なのです。(後述します。) 

 

また、記事の文字数が大体決まっているので、1記事で文字数を一気に稼ごうとしても限界があり、沢山のテーマで記事を書かなければ稼げないようになっています。

 

理由2:ルールが細かい

文章を書くのは苦ではないほうですし、単純に1000文字以上の文章を自由に書くことは簡単です。

が、もちろん報酬を頂く「仕事」なので、色々と制限やルールがあり、これに沿って執筆するのがけっこう大変、というか面倒なんです。

 

例えば、

  • 決まったキーワードを複数入れる必要がある。
  • 文字や構成のルールがかなり細かい。
  • テーマはこちらが考えて提案するが、そこに運営側の希望に合ったテーマになるよう修正が入るため、もともと書きたいテーマとはかけ離れていくことが多い。結果、興味のない内容についても調べて執筆しなくてはならないため、億劫&時間がかかる。
  • 他サイトからのコピペはNG。(これは当たり前ですが。)
  • ルールがよく変更になる。厳しくなる。(私がやっていた数カ月間でもけっこう変更がありました。)

他にもありますがこんな感じです。

 

理由3:執筆以外にかかる時間が膨大

執筆のための情報収集や管理表への入力など、付随業務にけっこうな時間を取られます。

薄っぺらい内容だとOKが出ないため、ネットや書籍で情報を集めて濃い内容にする必要があります。

また、その際に閲覧した収集元のサイトURLは全て要報告ですし、記事内で使ったキーワードをすべて管理表に反映するという作業もあります。

 

正直、執筆よりこちらに時間がかかりました。

 

理由4:リスクが大きい

記事の書き方やテーマ、内容の濃さにはチェックが入りますが、内容が正しいものかどうかはすべて自己責任です。

 

なので・・・

内容に間違いがあり、それが原因で訴訟などを起こされても、責任を取るのは自分自身なのです。

あくまで運営側とは雇用関係がなくフリーの立場で執筆しているためであり、また契約時にサインする書類にもその点は明記されています。

 

 

時間とお金を天秤にかけた結果・・・

色々書いてきましたが、とにかく文章を構成・執筆するために想像以上の時間がかかるため、辞めることにしました。

 

例えば1記事が3000文字までとか決まっているとして、

1記事あたりの報酬上限が1500円

 

これを3時間で執筆すれば時給500円ですが、実際は構成・執筆・付随業務を入れて3時間では、素人がまともに3000文字の記事を書くことはなかなかできません。

(すごい詳しい得意分野があり、全く情報収集なしで自分の知識だけで執筆できるなら可能かもしれませんが・・・。)

 

ちなみに私の場合、5時間以上かかったので時給300円いかないくらい・・・。

 (※念のため言っておきますと、タイピングは遅くない方だと思います。)

 

 

もしかしたら性格の問題かもしれません。

「折角ネット上に自分の記事が載るなら、出来るだけ良いものにしたい」と拘れば拘るほど時間はかかります。

ある程度慣れて、適当な感じで記事を書ける性格なのであれば、もう少しマシな時給かもしれません!

 

ちなみに、ノルマはないけれど納期はあり担当者からのプレッシャーはあります。元々真面目に仕事をするタイプだったり、八方美人な性格だと、これがけっこうストレスになるかもですね。

 

割に合う合わないというより、

 

このくらいのお金を稼ぐために時間を使うのなら、子供と触れ合ったり家事に時間をかけるほうがいいじゃん!

 

と思ったので、早々に辞めたわけです。

 

「とにかく時間を持て余していて、文章を書いたり調べるのは好き。

今は時間よりお金が欲しい。在宅でお小遣い稼ぎがしたい!」

 

という方は、一度やってみてもいいかもしれませんね。

トライしないと実感わかないですもんね。

 

 

そんな中で得たもの

あーだこーだ言いながら、得たものも少なからずあります。

どんな経験からも得るものはありますからね!

 

・読みやすい文章の書き方(いつか何かに役立つカモ・・・?)

・ネット記事を書くという経験(一度やってみたかったので。)

・ライターテストに受かったという自信(けっこう受かると思いますがw)

・2万円弱のお金

 

 

以上です。

長々と読んでいただきありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

49時間の陣痛、そして出産

こんにちは。突然&私ごとですが、

 

第一子を出産しました!

といっても4カ月前の話ですが・・・。

 

妊娠9ヶ月で大阪に里帰りして、予定日ぴったりの出産でした。

その後1カ月検診を終えた8月初旬、自宅に帰ってきました。

 

すでに忘れそうなので備忘録と、

これから出産を迎える方やそうでないけど興味のある方向けに

私の出産記録をしたためます。

 

妊娠中まったくといっていいほどトラブルなく

妊娠初期症状やつわりもそこまでひどくもなく

体重も結果的には8キロ増で教科書どおりの妊婦生活でした。

 

なので

「出産も比較的安産で、12時間以内には終わるかな~?」

なんて楽観視していましたがとんでもない!

 

蓋をあけてみれば、陣痛開始から49時間の長丁場でした・・・。

 

続きを読む

試験当日の対策&私の行動(行政書士試験)

本番は普段の力しか出ない(=普段の力はちゃんと出る)

 

たいてい本番は普段以上の力は出ないものです。

逆に言えば、普通にやれば普段の力だけは出るということです。

 

前にも書いた気がするのですが、

私は良くも悪くも、試験当日は自分の実力がそのまま出るタイプです。

 

もちろん、解ける問題なのにケアレスミスで間違えることもありますが、

代わりにまったく解けない問題が運で正解になっていることもあるので、

それを含めて、だいたい実力どおりの点数が出ます。

 

※余談ですが、けっこう頑張った時は得意な問題が出たり、席が一番後ろだったりと運が良いような気がします。プラスの思い込み、大事です!

 

普段の力を出すための当日の対策は3つ!

 

その1:眠れないのは諦め、ルーチンを守る

行政書士試験については緊張もしたし、前の日は眠れませんでした。

なぜ緊張するかというと、受かりたい気持ちが強いからです。

 

というか、落ちたくないのです。

 

いつも「勉強してる」と周りに言いまくっている割に全く試験に受かっていなかったので、さすがに落ちたら恥ずかしい!!というプライドからです。

 

だいたい大事な日の前日は考えすぎて眠れないタイプで(というか普段から眠るのが下手)、合格年の試験前日もほとんど眠れませんでした。

 

ももうそれは性格上仕方ないので、そうなったときは諦めます。

 

当日の私のルーチン(試験により時間は変動します。)は以下のとおり。

 

8:30 起床

9:30 家を出る

11:00 会場の最寄り駅に到着

     →ファミレスでランチ(orカフェでお茶)、最後の見直し

12:00 ファミレス(カフェ)を出る

12:10 会場到着

 

<ファミレス・カフェ>

同じことを考える受験生がけっこういるので混んでいます。

なので、集合時間の1時間半前までには着くようにしておきます。

 

受験者数の多い会場だと、近くのカフェやファミレスは早めに埋まってしまうので要注意です。

先日宅建を受けた会場近くのスタバは、1時間以上前でほぼ満席でした!

また、試験後は長蛇の列でした。

 

なぜファミレスやカフェに行きたいかというと、

私にとって空腹は最大の敵ということと、

試験会場だと落ち着いて勉強できないからです。

 

これは人によるかもしれませんね。

私はよくカフェで勉強しているので、落ち着くのです。

 

その2:会場についたらまずトイレへ!

会場についたら、かならず1回はトイレに行きます。

2回のときもあります。空腹に次ぐ第二の敵なので。

 

「荷物をしまってください」と言われるまでは、

テキストや直前チェック(会場近くで予備校が配ってるやつ)を見直します。

何度か直前チェックに載っている問題が出たことがあるので、

きちんと目を通すようにしています。

 

その3:変な人を探す

荷物をしまったあと・・・

この時間が私はとても嫌いでした。

 

暇だし、問題のことを考えてわからない部分が頭に浮かんだら嫌だし。

なんとなく緊張してしまうし。

 

そこで編み出した方法が、

「試験のことは一切考えず、変な人を探す」です。

これけっこうオススメです。

 

この時点で試験内容のことを考えても仕方ないので、

とにかくリラックスすることに重点を置くのです。

 

試験のことをあーだこーだ考えてもプラスにはならないし、

むしろマイナスに働くこともあるからです。

 

そして、変な人って一人はいるものですよ!

合格年は豊作で、同じ教室に二人もいました。

 

※変な人については他の記事で書きます。

 

とりあえずまわりを見渡し、変な人を探して、心の中でクスっと笑うだけです。

そうするとすごく心に余裕ができるのです。

 

無理やりでも探せば多少の変な人はいくらでも見つかるので(ちょっとカッコつけてる人、髪の毛が異様にボサボサな人など)、ぜひやってみてくださいね。

 

試験が終わってから

即効で帰ります。

気分次第でお茶して帰ります。

 

最寄り駅のカフェは帰りも混雑するし(むしろ帰りの方が混んでることも多い)

気分転換できないので、電車に乗り、途中駅などでお茶します。

 

そしてもちろん、予備校から解答速報が出次第、自己採点します。

 

一つの予備校だけだと模範解答が間違っている可能性があるので、

できれば3つくらい見たほうが良いです。

 

私の試験当日の行動は以上です。

管財事件・・・でも、裁判所書記官の神対応に助けられた!

裁判所=とっつきにくい印象

 

この仕事をする前の私の印象です。

お堅いとか、冷たい感じ。

 

これは正解でもあり、不正解でもあります。

当たり前ですが、人による!

 

ひとつ電話で問い合わせをするにも、出る人によって全く対応が違う。

すごく感じのいい丁寧な方もいれば、

上から目線で、とてつもなく感じの悪い人もいます。

話の途中でガチャ切りする人もいます。

(日ごろ溜まったストレスをぶつけたいのでしょうか?)

信じられません。

 

 

先日、自己破産の申立をした某支部横浜地方裁判所)で、

とても優しい書記官の方に出会うことができました。

感じがよいだけでなく、こちらが質問する以上のことを答えてくれたり、

何より話し方が丁寧でわかりやすい。

 

サービス業や営業であれば当たり前のことかもしれません(当たり前にできてない方も多いです)が、ほんと、裁判所でこれは奇跡に近いといってもいいような対応でした。

 

もちろん、今までも感じの良い方はたくさんいましたよ!

 

その中でも、より印象に残ったということです。

 

書記官の神対応

 

あまり詳細はお話できませんが、

先日申し立てた案件は、50万円位の財産があったため管財事件になりました。

通常だと裁判所に支払う費用(正確には、管財人に払う報酬)が30万円以上かかります。

 

「管財事件」とは

20万円を超える財産がある/裁判所が詳しい調査が必要と判断した場合/免責不許可事由がある場合 ほか、管財人が選任される正式な破産手続きのこと。(説明かなりはしょってます。)

 

管財事件にかかる費用(横浜地裁

管財事件の引継予納金(=管財人の報酬。以下「予納金」という。)は弁護士申立だと20万円以上、司法書士申立だと30万円以上です。

※ちなみに本人が自分で申立すると50万円以上かかります!

(いつから運用がこうなったか不明ですが、4~5年前は司法書士でも20万円で、弁護士と同じでした。)

 

と、ここで今回の書記官がファインプレー!

 

「今回のケースは、管財事件といってもそこまで複雑なものではないので、

予納金が20万円にならないか裁判官に相談してみます!!」

 

神のお言葉!

私自身、横浜地裁での申立に数年ブランクがあったため、

この対応がよくあることなのかはわかりません。

が、裁判所にしてはとても柔軟でステキな対応だなと感じました。

 

結果的に予納金は20万円で済みました!

 

しかし、まだ問題が残っています。

 

この財産、実は保険の解約返戻金なのです。

なので、管財人が「お金に換えて金融業者に返金する」と判断してしまうと、

大事な保険が解約されてしまいます。

 

この先のお話は長くなるので、

また別の機会で~! 

モチベーションが上がる本 「ゼロ」堀江貴文

事務所の本棚で見つけた一冊

 

www.diamond.co.jp

 

試験が終わり、通勤中ひまなので何か本を読みたいと思った。

事務所の本棚でみつけたこの一冊。

 

どんな本かもわからず読み始め、

「何だかんだいってもホリエモンだからこういう思考になれるんでしょ」

と思いながら読んでいた私も、

読み終わる頃にはちょっと感動してしまい、勇気をもらっていた。

 

・自分は凡人だからできることが限られている

・たいしたことない大学を中退して学歴もスキルもない私には、大きな夢を叶えるのは難しい

 

そんな風にどこか卑屈になっていた私の気持ちを

見透かされているような気がした。

 

印象に残ったのは、

「没頭することができたとき、その対象を好きになることができる」

「自分の時間を生きる」

「できっこない という心のフタをはずす」

という言葉。

 

いま、自分の時間を生きているという実感をもてない人や、

現状を変えたいけれど二の足踏んでいる人には、

とても心に響く一冊だと思う。

まさに私です。

 

 

 

宅建合格!さてこれからどうする・・・

11/30、仕事から帰ると自宅ポストに不在票が入っていたので、

 

合格した!よかった~

 

と思いました。

が、合格証書よりも先に受験番号で合格を確認したくて、HPを見ました!

 

やっぱり自分の受験番号を見つけるのが嬉しいですよね^^

 

続きを読む