アラフォー主婦、ときどき受験生

行政書士、FP2級&3級、宅建士に合格。試験勉強や司法書士事務所の仕事、主婦としての日常を気まぐれでつづります。2017年7月、第一子を出産しました。妊活、妊娠出産、育児についても書いていきます。

本店更正には正しい決定書が必要!

備忘録。

私が勤めているのは、司法書士含め計4名の個人事務所。

これがとても性に合っていて、
いろんな種類の業務を経験することができます。

中には先生もやったことがほとんどない商業登記なんかもあり、
そんなときは一緒になって書籍やネットで情報を漁ります。

正直めんどいけど、楽しくもあります(笑)

今回は合同会社の本店更正

原因は錯誤。
なので添付書類はその旨を書いた上申書くらい…とおもいきや、
「正しい本店所在地を記載した決定書」※設立時や、本店移転当時のもの
が必要とのこと。

当時間違えてて、それに気づいたから錯誤だから、
当時の日付で正しい内容の決定書なんて存在しないはずなんですけどね。。

とある管轄の登記官によると、
「理屈はおかしいかもだけど、法務局の保管書類として欲しいんだよね」
と言われました。

そんなんもありなのか。

詳しく調べてないからわかりませんが(笑)
2管轄連続でそのように補正指示されたので、必要ということですね。

また詳しくわかったら追記するかもですが、取り急ぎ備忘録なので以上です。