アラフォー主婦、ときどき受験生

行政書士、FP2級、宅建士に合格。試験勉強や司法書士事務所の仕事、主婦としての日常を気まぐれでつづります。2017年7月、第一子を出産しました。妊活、妊娠出産、育児についても書いていきます。

初めての子連れ北海道(熱発→1日遅れで出発→ぶり返し)

今年の夏は、兄の結婚式参列も兼ねて初めての子連れ飛行機旅行で北海道へ!!

3泊4日 栞まで作って計画は完璧♪♪
甥っ子たちも一緒の、楽しい想い出いっぱいの旅になる……はずでした。

それが出発2日前の午後、保育園からの呼び出し電話でもろくも崩れ去りました。。。

<息子が高熱を出すも、ツアーキャンセルできず>
出発2日前。
朝から機嫌も良く元気、平熱。

数日前から鼻水が出ていたのは少し気になっていたけど、
仕事を休むという選択肢もこの時点ではなく、保育園へ。

午後2時頃だったか、携帯が鳴り、嫌な予感。
ディスプレイには「〇〇保育園」と表示が…

この時点でもう一気にテンションが下がりました…。

熱は379だったのですが、お迎え時は39度に上がっていて、ぐったりしてました。
もう絶体絶命。
以前熱中症っぽい症状で40度になったとき翌朝すぐさがったこともあったし、
とりあえず翌日まで様子を見ることに。

すぐ病院に行くも、その夜40度まで上がりました。

・・・と、ここで超超重要なことに気が付いてしまった!!!!

キャンセル料は前日までかからない。
でも出発日は日曜・・・あれ?土曜って旅行会社電話つながるのか・・・?

メールを読み返したところ、嫌な予感が的中。。。
(重要なとこ赤太字にしてますが、実際のメールでは普通の黒字です。)
↓↓↓

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

◆変更・取消について◆

お申込後、お客様の都合で旅行内容を変更・取消される場合には、旅行代金(お一人様あたりの基本代金・アレンジ代金を含む全額)に対してお一人様につき
下記の変更料・取消料をいただきます。

※ 出発日の前日より起算となります。 

※(取扱時間)月~ 金 10:00~18:00 土・日・祝日の変更・取消に関しては翌営業日に扱いとなりますので、必ず前取り扱い時間内にご連絡ください。

※ お電話がつながらない場合やマイページでキャンセルが出来なかった場合は取扱時間内にFAXかメールで必ずご連絡ください。


 出発21日前 無し
 20~8日前 20%
 7~2日前 30%
 前日  40%
 当日(注1) 50%
 出発後(注2)100%


(注1)旅行出発時刻の3時間前までで、かつ取扱時間内(上記参照)が当日取消・変更扱いとなり、それ以後は旅行開始後の扱いとなります。

(注2)旅行開始後の一部変更・取消は払い戻しができません。

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

よく読んでなかった&土日でも救済措置はあるだろうと甘い考えを持っていた私のミスです。
それは重々承知です。

それでも・・・
悔しい悔しい悔しい!!!

大手旅行代理店などは土日でも営業していたり、そのへんの対応はきちんと出来ているところがほとんどです。
そして、今まで格安旅行会社を使って旅行をしたこともあったけれど、キャンセルしたことは一度もありませんでした。
なので、こんなことになるとは・・・ほんと、悔やんでも悔やみきれません。

「ジャンボツアーズ」

たしかに格安でしたが、大手と比べて旅行代金が数万円も違うわけではありません。
(一人あたり1万円前後は違うかな?)
リスクを考えるのであれば大手で予約すべきでした。

これで大人二人分14万円が無駄に・・・
そう思った時、ある考えが浮かび、それを実行することにしました。

1.せっかくの兄の結婚式、ビデオカメラ役もあるので、夫だけ北海道に行ってもらう。
2.もし日程をずらすことができる&息子の体調が回復したら、私と息子は1日遅れで北海道に行く。

1.については早々に夫に相談し、了承を得ました。
2.については正直この時点では絶望的。旅行会社には連絡が取れない・・・さてどうしよう。

<JALにダメ元で泣きついた>

この格安ツアー、座席指定も旅程表が来ないとできませんでした。
(旅程表がきたのは出発10日前くらい。)
すぐ座席指定しようとするも、隣合う席がほとんどありませんでした。

実はこのときJALのスマイルサポートに相談したところ、
予備席を前後横並びで確保してくれたんです。

格安ツアーだけど、せめてLCCにしなくてよかったと心底思いました。

それを思い出し、迷惑と自分の落ち度を承知した上で、
再度JALに相談しました。

当初の回答は予想通り「変更がきかないツアーのため対応いたしかねます・・・」でしたが、

細かい事情を説明し、普通に行きのチケットをあらためて購入することは可能か?
と聞いたところ、
「少々お待ちください、上の者に確認します・・・」とのこと。

そして最終的に得た回答は
「通常はこういった対応は行っておりません。
ただ、今回に限り、お子様のご事情もありますし、変更させて頂きます。」

ハキハキとした物言いながらも、決して冷たい感じではなく、温かい対応でした。
涙がでそうなくらい嬉しかったです。
と同時に無理言って申し訳ない気持ちもありました。

その時点で息子の熱は37度台に下がっていましたので、
せっかく変更できたし、二人で行くのは不安もあったけれど、翌日頑張って行こうと思いました。

結局当初の予定から1日遅れ、熱が出てから4日目に息子と私は夫と兄たちが待つ北海道に向いました。

で、結局到着した日の夜、
現地でまた熱が出るのですが・・・
それはまた別の記事で。。。

本来なら出発二日前に高熱が出た時点で、他の症状がなくてもキャンセルすべきと思います。
結局現地でぶり返しているし、無事帰ってこれたからよかったものの、
子供のためを考えると私の決断は間違っていたのかもしれません。

でも、今回のことで色々と学びました。

●次に大型旅行を予約するときは、多少コストが高くなっても、キャンセルや変更がきく大手旅行代理店を利用する。
●キャンセルの規定をきちんと見る。
●旅行前の一週間は、場合によっては保育園を休ませて体力を温存させる。

また、今回の旅行で、人の優しさを感じることができました。

1歳ちょうどの息子と二人きりで飛行機に乗るのは少し緊張しましたが、
CAさん含めJALスタッフの方々が本当に優しくて、
飛行機に乗っている間の不安はほとんどありませんでした。

そして、たまたま隣になったご夫婦。
はじめ私の隣はご主人だったのですが、授乳や赤ちゃん対応を考えてか、
「かわったほうがいいかな?」と奥様を隣にしてくれました。

それも嫌だから避けるという感じでは決してなく、
こちらを気遣ってくださったのがわかったので、とても温かい気持ちになりました。

奥様はその後も「飲み物こっちに置く?」「よく寝て、おりこうさんだったねぇ」と
声をかけてくれました。

北海道にいる間は、大げさかもしれませんが自分のせいで息子の命を危険に晒しているのかな・・・
と後悔しっぱなしでしたが、いろいろと得た経験値も大きい旅ではありました。

兄の結婚式には間に合わず、観光もほとんどできませんでしたが、ある意味思い出深い旅でした。

以上です。