アラフォー主婦、ときどき受験生

行政書士、FP2級、宅建士に合格。試験勉強や司法書士事務所の仕事、主婦としての日常を気まぐれでつづります。2017年7月、第一子を出産しました。妊活、妊娠出産、育児についても書いていきます。

慣らし保育スタート

昨日から慣らし保育が始まりました!

 

内容や時間は保育園によって異なるようですが、

うちの園は2時間からです。

 

初日は朝9時に預けて11時に迎えに行き、

先生と一緒に昼食を食べさせます。

 

給食が美味しいと評判なだけあり、大人の私が食べても普通に美味しいです!

ただ、やはり初日はグズグズで椅子に座らされると号泣。

抱っこしたりオモチャを与えたりして、なんとか半分食べました。

 

私はというと、2時間の一人フリータイムをどう過ごすか考えるだけでウキウキしてしまい、終始テンションが上がりっぱなしでした。

・・・結局、スーパーで買い物して家事してほぼ終わってしまいましたが、何も気にせず家事するだけでもかなりリフレッシュできました。

 

二日目の今日は、朝9時に預けて11時半にお迎えです。

昼食が終わるころに迎えに行ったので食べているかどうか気になりましたが、

おかずは完食に近く食べていました!

(お粥は3分の1しか食べていませんでしたが。)

 

昨日ご飯を食べさせるところを見ていて、

  

  椅子が窮屈なんだろうなぁ

  お水飲ませれば食べるのになぁ

  オモチャで遊びながらならもっと食べるのになぁ

 

なんて、

家で過ごすように我が子の特徴に合わせればもっと食べるのになぁとか思ってしまいましたが、

妹(小児科看護師、子持ち)から

 

「そこまで個々の状況に合わせていられないでしょ。食べる時間も30分とかで切り上げるだろうし、そのうち ”くれるうちに食べないと!” って子供が順応するんだよ。それに、子供の状況に合わせてあげられるのって第一子で家にいる子くらいだよね。」

 

と言われてしまいました。

 

そのときは、小さな園で0歳児も3人しかいないし、それくらい子供に合わせられるんじゃないのか?とか思ってましたが、その後落ち着いて考えてみたら、ストンと素直に納得できました。

 

そうか、うちでは自然に全部子供に合わせていたんだなと。

 

もちろん家事や自分のことをして相手できないときもたくさんあるけれど、

 

グズり出したときにこうすれば泣かないとか、

泣いたときにこうすればすぐ泣き止むとか、

この時間だからのどが渇いたんだなとか、

子供に合わせてるんだなと。

 

それが悪いことではないし、全然問題ではないのですが、

だから第2子以降や保育園っこは逞しいんだな、と合点がいきました。

 

 

まぁ合わせているといっても、私はかなり放置してしまっているほうだと思いますが…。

息子はもともとそんなに泣かないほうで、体調が悪くない限りだいたいご機嫌で遊んでいる時間が長いので、ついつい甘えて家事したりスマホやテレビ見たりしてしまいがちなんですよね…^^;

 

仕事は再来週あたり復帰予定なので、

それまで一日数時間の至福のときを満喫したいと思います!

 

 

NEWモデル 電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503

NEWモデル 電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503

 
AngeSmile(アンジュスマイル) 非接触赤外線デジタル温度計