ぽんげ日記~主婦ときどき受験生~

行政書士、FP、宅建士に合格。試験勉強や司法書士事務所の仕事、節約生活などを気まぐれでつづります。2017年7月、第一子を出産しました。妊娠出産、育児についても書いていきます。

49時間の陣痛、そして出産

こんにちは。突然&私ごとですが、

 

第一子を出産しました!

といっても4カ月前の話ですが・・・。

 

妊娠9ヶ月で大阪に里帰りして、予定日ぴったりの出産でした。

その後1カ月検診を終えた8月初旬、自宅に帰ってきました。

 

すでに忘れそうなので備忘録と、

これから出産を迎える方やそうでないけど興味のある方向けに

私の出産記録をしたためます。

 

妊娠中まったくといっていいほどトラブルなく

妊娠初期症状やつわりもそこまでひどくもなく

体重も結果的には8キロ増で教科書どおりの妊婦生活でした。

 

なので

「出産も比較的安産で、12時間以内には終わるかな~?」

なんて楽観視していましたがとんでもない!

 

蓋をあけてみれば、陣痛開始から49時間の長丁場でした・・・。

 

 

~7月2日~ おしるしから入院

大阪に住む兄夫婦とともに、伯父宅で昼ご飯。

みんなで談笑中、おしるしが来る

(まさに教科書通り!!まさか自分におしるしが来るとは思ってもみませんでした。

おしるしが来ると、そこから3日以内くらいでお産になるといわれています。) 

 

その後軽い下腹部痛から、規則的な痛みになり、

病院に電話でどうすればいいか伺いつつ

5分間隔になったので夜9時ごろタクシーで病院へ。

 

が、しかし。

陣痛は強くなるし数分間隔なのに子宮口が1cmしか開いていない

入院するか一旦帰るか聞かれ、歩けないくらいの痛みのため入院を希望。

 

ここからが長かった・・・。

 

~7月3日~ 痛みと眠気との闘い

陣痛は強くなりベッドのシーツを掻きむしるくらい痛い。

なのにどうにも間隔が狭まらず、また不規則になってしまった。

もちろん昨晩は一睡もできず

 

午後2時頃、やっと子宮口が4cmになる。

しかし、今日中には産まれないだろうと言われる・・・。

 

そして陣痛開始から24時間。

陣痛室に付き添いの母が泊まる用の布団はないため(前夜は座椅子で寝てもらった)、

ほぼ寝ていない母をいったん家に帰し、私は睡眠導入剤を点滴で入れてもらった。

※寝ないといざ出産になったときに体力が持たないため。

 

睡眠不足+導入剤でものすごい眠気が襲ってくるが、

10分くらい寝たところで陣痛で起こされる。

つらい。

 

寝落ち→10~15分後くらいに痛くて起きる→耐える→寝落ち

 

の繰り返しでした。

 

結局この日もトータル1時間も眠れず。

ただ、ほんの小間切れでも眠れてよかったのかもとあとで思いました。

 

入院してからずっと、陣痛のインターバル(痛くない時間)は

「水分補給orウィダーインゼリー摂取or寝落ち」

という状態でした。

別に食べたくも飲みたくもないけど、入れておかないとあとでやばい、

という義務感でなんとかなっている状態でした。

 

本当はインターバルで歩いたりスクワットしたりすると陣痛が進むとかいうのですが、

食べる・寝るをしないと体力がもたないし、

正直運動する気力なんてありませんでした。。。

 

 

~7月4日~ やっと分娩室へ、そして出産!!

睡眠不足と空腹で体力がなくなったせいか、陣痛は不規則のまま。

強さはけっこうある。

これだと辛すぎるということで、陣痛促進剤を入れてくれることに

 

この時は「とにかくもう早く促進剤入れてくれ!」と思っていましたが、

ギリギリまで促進剤を入れないのは、母子のことを考えてなんですよね。

促進剤も子宮破裂のリスクなどあったり、

胎児が元気じゃないと使えないものでもあるので。

 

促進剤でやっとお産が進み、17時ごろ子宮口7cm

まだ7cmか!!と思ってましたが、

7cmってもうお産の最終段階にかなり近づいてるんですって。

そのときはそんなこと知りませんでした。

とにかく早く「分娩室に行きましょう」の言葉が欲しい・・・それだけしか考えていませんでした。

 

この時点で陣痛から48時間。 

 

そしてこのあと、待ちに待った破水

 

あたたかいものがパシャっと流れ出るのがわかり、

はじめての経験でも破水と分かりました。

が、もちろん確実ではないのでナースコールして

「破水したっぽいです」と伝え、内診と流れ出た液体の検査。

「この綿棒が●●色(忘れました笑)にかわったら破水ね。」と言われ、

結果、やはり破水。

 

長かった陣痛を耐えていた私にとって、ものすごい幸せな瞬間でした。

あたたかく、やっとゴールが見えたような気がした不思議な瞬間でした。

 

まだ子宮口は全開ではありませんでしたが、やっと分娩室へ!!

車イスが出払っていたため歩いて。

 

このときはもう、痛みより分娩室に入れる感動で、

歩くのなんて屁でもないくらいのことに感じました。

 

それまで眠気と痛みと空腹と体力の限界でヘロヘロだったはずなのに、

急に元気になりました。

 

幸せホルモンみたいなもので脳内が埋め尽くされていて、

トランス状態みたいな感じ。

 

分娩室に入り、その後立ち会いの母も分娩室へ。

 

「17時28分、子宮口全開!!」

ベテラン助産師さんの声が聞こえました。

 

いきみは全く辛くなく、便秘でいきみ慣れている私にはお手の物でした!

強さは違いますが、いきみ方は同じです。

 

トランス状態なので、痛みよりもとにかく脳内が「幸せ」でいっぱいで

テンションもややおかしくなっていました。

(なんとも表現が乏しくすみません。。)

 

そこから数回いきみ、子宮口全開から30分後、

無事元気な男の子が産まれました。

 

産んでからわかりましたが、臍帯が固結びになっていました。

ゆるかったからよかったものの、場合によっては命にかかわることだったそうです。

遺伝はしないから安心してね、と言われました。

 

2872g

50.5cm

 

大きい大きいと言われていましたが、やや細身でした。

 

いま4カ月になった我が子は、すでに8キロオーバーです。

 

今回お世話になった大阪府高槻市にある「東山産婦人科」さん、

とっても素敵な病院でした。

 

ご飯も毎食美味しくて美味しくて、先生や助産師さんたちも気さくで、

アットホームな雰囲気も好きでした。

 

そのうちご飯の写真などもアップ出来たらと思います。

いつになることやら・・・。